iphoneのアプリ開発を依頼【プロがすぐに対応してくれる】

初心者でも慣れれば簡単

アプリケーション

積み重ねが不可欠

今日本で最も使われており、世界で最も普及しているスマートフォンがiphoneであると言われている。特に女子高生を中心にiphone派とAndroid派に分かれている。比率にするとiphoneが7割、Androidが3割となっている。さらに、国別でそのシェア率を見てもフランス・スペイン・カナダ等よりはるかに日本は普及していると言える。本場であるアメリカでさえ4割強となっています。昨年、最新機種が発表されたばかりのiphoneですが、アプリ開発をするにあたって重要なのが環境です。iphoneアプリの開発にはMac(Apple社)が必要不可欠です。最近では、Macの場合もAndroidアプリの開発が行えるので一石二鳥となります。(ここでは、インターネットの接続環境も必須)環境が整ったら、次に大事なアプリ開発ツールを見ていきます。無料かつ簡単に使える便利ツールが、Buildy・Monaca・Yappliなどです。ただし、これらのツールの中には30日間のみ無料の場合も含まれるので、登録の際には注意してください。上記で紹介したツールを使うことで、iosアプリ開発は可能ですがMacを使ってアプリを開発する場合には、専用のソフトを使っていく必要があります。それがAppStoreからインストールできる[Xcode]という環境ソフトになります。アプリ開発の流れで覚えておくといいのが、企画・設計・開発の流れです。どのような目的で誰が使うのかを決めるのが企画画面設計を作成していくのが設計、これによりどのようなアプリかイメージがしやすくなります。企画・設計ができたら本題である開発を行っていきます。サンプルをつくる過程もソフトであるので、そこで少しずつ慣れていきましょう。最後に、App Storeへの審査が必要となるのでアプリが必ずしも公開できるというわけでわないので注意してください。

Copyright© 2018 iphoneのアプリ開発を依頼【プロがすぐに対応してくれる】 All Rights Reserved.